ダイエット中はこれだけには気を付けておきたい!注意すべき習慣3点

ダイエット中はこれだけには気を付けておきたい!注意すべき習慣3点

ダイエットの効果を落としてしまう習慣があります。その習慣を続けていると、たとえ食事に気を配って制限していても、効果が半減してしまうことも…。
こんなことは避けたいですよね。

 

ここでは、ダイエット中に避けておきたい習慣を3つご紹介します。

 

○朝食を抜く

 

朝は忙しいから時間節約のためだと思って、朝食を抜いてしまっていませんか?
ダイエット中は基礎代謝も良くしておく必要がありますが、代謝を高めるためにも、朝食は重要です。
朝食を食べなければ、確かにカロリーはとらなくて済みますが、痩せやすい体質にするのは難しくなってしまいます。
朝起きてからは、これから活動するためにも体温を上げていかなければなりません。
しかし朝食を抜いてしまうと、体温が上がるまでに時間がかかり、結果、代謝が低くなってしまうのです。
朝食を食べる習慣をつけて、痩せやすい体質に改造していきましょう。

 

○夜食を食べてしまう

 

夕ご飯を食べる時刻が寝る直前になっている、あるいは夕飯を食べてもその後で夜食を食べてしまうといったことはありませんか。
これもダイエットに逆効果になってしまう習慣です。

 

夜は血糖値が上がりやすいタイミングでもあります。このため、遅い時間にご飯を食べてしまうと、体に脂肪がたまりやすくなってしまいます。

 

○空腹時に食事してしまう

 

空腹でおいしいご飯を食べると、とてもおいしく感じますよね。しかし、空きっぱらにご飯を入れてしまうのは、ダイエットにはおすすめできません。
食事した後、次の食事まで時間が空きすぎてしまうと、空きっぱらにいなりやすいですが、この時、血糖値は低下してしまいます。

 

そして次に食事する時は、空腹のところにカロリーを入れるわけなので、血糖値のグンと上がり、振れ幅が大きくなってしまいます。
血糖値の揺れ幅が多いのは、ダイエットにはよくありません。
空腹時間はできる限り短く、どうしても空腹になってしまうのでしたら、ドライフルーツを食べたり豆乳を飲むなどして、ヘルシーな間食にこころがけてみてくださいね。

 

ダイエット中には、間違っている事なのに「ダイエットにいい」と自己流に解釈してしまったり、良くないと思いながらもやってしまうことがありますよね。暴飲暴食など…。しかしこれらは、ダイエットが非効率的になってしまう原因の一つ。
以下に挙げるような間違い、あなたもやってしまっていませんか?

 

○炭水化物や甘いものを摂りすぎないようにしましょう

 

甘いお菓子や炭水化物がもともとお好きな人は、なかなかやめられないですよね。
しかし、当然ですが、スナック菓子やご飯などの炭水化物を多くとってしまうと、太りやすくなってしまい、ダイエットに不向き。
勿論、全く摂り入れないのは逆に体に悪いので、適度ならいいのです。
問題は、量や順番です。
過剰にとってしまうのは良くないですし、空腹にいきなり甘いものや炭水化物をたっぷりいれてしまうと、その食品の脂質や糖質を、吸収しやすくなってしまいます。

 

ダイエット中は順番も大切。最初にサラダなど低カロリー食品をお腹に入れてから炭水化物や甘いものをとった方が、吸収が穏やかになります。
血糖値の上昇も防げるでしょう。

 

○水分を控えていませんか?

 

体がむくむから、水分太りしそうだから〜という理由で水分を控えていたとしたら、それはとても勿体ないです!

 

ダイエット中でも、水分はとても重要。むしろ、ダイエット中だからこそ、水分はたっぷりととっておきたいものです。
水分量が少ないと、代謝率が落ちて痩せにくくなってしまいます。
血液の流れも悪くなり、老廃物を運ぶ機能も衰えてしまい、代謝が悪くなりがちです。デトックス効果を高めるためにも、ダイエット中にはしっかり水分を摂り入れるようにしましょう。

 

美容院 パート 求人 正社員 表参道