男性の美容にはテストステロンが重要

男性の美容にはテストステロンが重要

美容に対する意識の高さは男性と女性でも差がなくなりつつあります。いつまでも若々しく健康的な状態を保つために男性としては何をすればいいのでしょうか。女性とは違い単純にスキンケアをすれば肌がきれいになって若さを保てるというわけではありません。男性には男性の特徴があり、その特徴を生かしていくことが若さを保つ秘訣になります。女性の美容にとって女性ホルモンのエストロゲンが重要なように男性にも男性ホルモンのテストステロンが重要になります。テストステロンの働きとしては、筋肉を増やす、男性特有の体型を作る、闘争心の増加、やる気の向上、衰えを防ぐといった効果があります。肌だけでなく身体的な老化が早い男性はテストステロンの分泌が減少しているからかもしれません。テストステロンの分泌量は毎日の生活習慣によって増やすことができます。基本的な方法としては筋力トレーニングです。筋力トレーニングで筋肉を増やそうとするとテストステロンが必要となり、筋肉を増やすためにテストステロンが分泌されるという流れです。短時間に集中的なトレーニングをすることが筋肉の増量につながるため、筋力トレーニングでテストステロンの分泌を促してあげましょう。トレーニングをして疲れた体には睡眠が必要になります。テストステロンは副交感神経が優位な時に分泌が促されますので、リラックスした状態と睡眠が重要になってきます。規則正しい生活を心がけていると自然と質の高い睡眠がとれるようになっていくため、睡眠だけにこだわらず生活そのものを改善してみるといいですよ。日本人は昔から脂質よりも炭水化物をエネルギー源として生活してきました。米を中心として食生活の中で炭水化物を効率的に活用して、日々の生活のエネルギーとして消費してきたのです。最近のダイエットでは炭水化物を制限する方法が主流となっています。しかしこのダイエット方法は日本人向きではありません。炭水化物を制限することがなぜダイエットにつながるのかというと血糖値とインスリンというホルモンが関係しています。炭水化物を摂取すると血液中の血糖値は上昇します。このとき血糖値の上昇を防ぐためにインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンは糖分を体で使うエネルギーとして変換したり、消費されない糖分を脂肪に変えて蓄えたりします。この脂肪に変えるという働きが肥満につながるため炭水化物は制限しないといけないといわれるわけです。しかし日本人はもともとインスリンの分泌量が多くありません。欧米の人に比べると半分以下の分泌量といわれています。インスリンが少ないということは炭水化物で肥満になる可能性も低いということです。そのため炭水化物の摂取量を減らしてもたいしてダイエットに効果があるというわけではないわけです。低炭水化物ダイエットというのはインスリンの量が多い欧米人向けのダイエット方法です。日本人の体質上、炭水化物を減らして脂質やタンパク質が増えると糖尿病のリスクが高まるといわれているため、炭水化物の制限はやりすぎないようにしないといけません。美容室 青山 縮毛矯正 髪質改善 ストレートパーマ 人気 口コミ メンズ