ヘアケア製品の役割の違い

ヘアケア製品の役割の違い

シャンプー、リンス、トリートメント、コンディショナーなどヘアケア製品は多岐にわたるようになってきました。分かりやすいのはシャンプーで、これは髪の毛の汚れを落とすためのヘアケア用品なのですが、その他のものに関してはどんな働きをしているのかよく分からない、というのが本当の所ではないでしょうか。とりあえずシャンプーの後にはリンスとかトリートメントとかをすれば良いんだよね?と言う感じで捉えている人が多いと思います。実際には各々の成分や役割はちがっていて、使い分ける事によってより髪の毛の健康を旨く保つことができるのですが、その事を詳しく説明してくれる場、というのはあまりありませんよね。だからといってこれだけ色々な製品が出回るようになっているのに、今更美容室へ行って「トリートメントってなんですか?」「コンディショナーってなんですか?」と聞くのも恥ずかしい感じですね。基本的に何が何のためにあるのか、と言う事を知っておけば自分はどのヘアケア剤を使うべきなのか、と言う事が解ってくると思います。分かりやすいところではトリートメントというのはとにかく髪の毛の内部のダメージを修復するものだ、と覚えておけばよいでしょう。それに対してコンデイョナーというのは髪の表面のツヤや触り心地を整える、と言う意働きが強いと思います。みなさんは美容室で「トリートメント」というメニューは合っても「コンディショナー」というメニューが無い事を不思議に思った事はありませんか?ドラッグストアに行けばコンディショナーはトリートメントと同様にたくさんの種類のものが販売されていますが、美容室ではあまり見かけません。これはコンディショナーの働きとトリートメントの働きが違うからなのだと思われます。トリートメンとは髪の内部に浸透してダメージを修復する要素が大きいものです。美容室でパーマやカラーをするのは、そもそも髪の毛にダメージを与える事になります。ですからパーマやカラーをする時にはトリートメントがセットでふくまれていたり、または希望するお客様にトリートメントをすすめて少しでもダメージを防ごうとするプロのやり方なのでしょう。ですがコンディショナーはトリートメントに比べて内部にまで浸透してダメージを修復する働きは少ないと言われています。主に髪の手触りやツヤを浴する働きがって、それはトリートメントにも含まれている効果です。ですからおそらく美容室ではきちんと髪の毛を内部から健康にすることに重点を置いていて、表面だけをキレイにするコンディショナーは使っていないのかもしれません。まつエク 三軒茶屋 つけ放題 セーブル ミンク クーポン おすすめ ランキング