乾燥肌は肌のバリア機能が低下しているサイン?バリア機能が低下してしまう日常の落とし穴

乾燥肌は肌のバリア機能が低下しているサイン?バリア機能が低下してしまう日常の落とし穴

お肌のバリア機能が落ちてしまうと、乾燥肌や肌荒れを起こしやすくなってしまいます。
肌のバリア機能が低下してしまう原因について、正しく知っていれば、正しく対処することができ、バリア機能をアップさせられるでしょう。

 

それでは、乾燥肌や肌荒れを起こしやすくする肌のバリア機能の低下は、どのようなことが原因なのでしょうか?実は、私たちの身近なところにも理由があったのです。

 

○洗顔する時お湯の温度が熱すぎていませんか?

 

洗顔する時、お湯の温度が熱すぎると、肌のバリア機能が低下してしまうことがあります。
熱すぎる温度とは、42度以上です。
こんなに熱い温度で洗顔する必要はありません。
熱すぎると逆に、お肌に本来必要な皮脂まで落としてしまうことがあり、肌の乾燥、ツヤ不足につながってきます。
後から保湿力の高い化粧水や乳液を使ってツヤを与えることもできますが、人工的なツヤとなるため、長持ちしないこともあり、自然ではありません。
自然なツヤ感を出すのであれば、35〜38度くらいのぬるま湯で洗いましょう。

 

反対に、水が冷た過ぎてしまうと、今度は余分な皮脂を落とすことができず、顔に不要な皮脂がたまってしまいます。
これはニキビのもとになってしまうので、冷たい水もすすめられません。

 

○洗浄力の強い洗顔料やクレンジングを使っている

 

メイク落としに使うクレンジングや、顔を洗う時の洗顔料の「洗浄力」が強い場合、注意が必要です。
バリア機能を低下させてしまう要因の一つになるでしょう。
特に、合成界面活性剤がたくさん含まれていると、お肌に負担がかかってバリア機能が落ちてしまいます。
合成界面活性剤が含まれているほど洗浄力は強く、汚れがしっかりとれるような気がしますが、お肌へのダメージにつながりやすく、敏感肌や乾燥肌質の人は、控えた方がいいでしょう。

 

お肌が乾燥してお悩みではありませんか。

 

大人女子の多くが悩む乾燥肌。何もケアしないでいると、年齢と共に乾燥肌がひどくなっていくものです。
そしてますます老けた印象を与えてしまいます…。

 

若々しい印象に見せるためにも、肌ツヤは必要不可欠です!

 

乾燥肌を回避するためにも、現在のスキンケアを見直してみましょう。
ひょっとすると、間違ったスキンケアが乾燥肌を招いている可能性もあったのです。

 

それでは、お肌を乾燥から守るためにも、どのようなスキンケアをしていくのが正しいのでしょうか?

 

○ピーリング効果のあるコスメを使いすぎないこと

 

美容に敏感でおしゃれな女子ほど、ピーリングコスメを定期的に使ってケアしているのではないでしょうか?
ピーリングは、古い角質を除去してくれ、お肌の代謝を良好にしてくれます。お肌のバリア機能も強化できるため、確かに大変おすすめなのですが、やり過ぎている場合、良くありません。

 

ピーリングを必要以上に頻繁にやってしまうと、お肌は乾燥しやすくなってしまうからです。

 

ピーリング後はお肌がツルツルになるので肌にとっていい!と感じますが、過剰にやってしまうと、反対に肌のバリア機能は落ちてしまいます。

 

バリア機能が落ちてしまうと乾燥もさらに加速してしまうため、一か月に2回、一週間に一回だけでもいいでしょう。

 

○w洗顔不要のファンデーションを使う

 

メイクを落とすために、普段、クレンジングと洗顔のw洗顔している人は要注意。
洗顔し過ぎることによって、乾燥肌を招いている事が考えられます。
洗顔すると、少なからずお肌の水分や油分まで洗い流すことになってしまいます。それがダブルともなれば、さらに多く落としてしまい、肌が本来もっているツヤ感やハリまでとれてしまうのです。

 

乾燥肌にお悩みの方は、普段使っているファンデーションにも気を配る必要があります。クレンジングなしで、洗顔料だけでもしっかりメイク汚れが落とせるようなものをチョイスしてみましょう。

 

美容院 パート 求人 業務委託 町田