前髪とカットする時は

前髪とカットする時は

前髪について思うのは、他のサイドやバックの髪の毛よりも伸びる速さが早いように感じる、と言う事があるのではないでしょうか。確かにサイドやバックの髪の毛が伸びてきた時にはそんなに気になりませんが、前髪が伸びてくるととても気になりますし、何となくバランスが悪くなったように感じて何とかしたい、と思ってしまいます。これはおそらく前髪が伸びると顔の他のパーツとのバランスが明らかに違ってくるので、伸びたことに気付く基準がたくさんあるからだと思います。一番感じやすいのは「眉にかかる」「目にかかる」と言う事だと思います。そしてその伸び方が一旦気になってしまうと、今すぐにでも前髪を切りたい、と思ってしまいますよね。その時にみなさんはどうしているでしょうか?すぐに美容室へ行きますか?それとも自分でカットするでしょうか?そう考える時に「前髪ぐらいの事で美容室へ行くのは時間もお金ももったいないな」と思う人は多いのではないでしょうか。最近は美容室でも「前髪カットのみ」と言うメニューを作って500円程度で切ってくれる所も多いのもです。ですがそのために予約をして、わざわざ美容室に足を運んで…というのは面倒だ、と思う人も少なくないでしょう。おそらく自分でカットしている、と言う人も少なくないと思います。皆さんは、髪の毛を「切り過ぎた」と思う時また「伸びてきたな」と感じる時、それはどの部分の髪の毛に対して真っ先に気になり始めるでしょうか。おそらく多くの人が「前髪が伸びたら気になる」「前髪を切り過ぎたら失敗したと思う」と答えるのではないでしょうか。また髪の毛を切った時など、全体的にカットした時にはあまり気付かれなくても、前髪をカットした時にはかなりの人が「髪、切ったの?」とか「今日は雰囲気が違うね」などとすぐに気付いてくれるのではないでしょうか。それぐらい前髪が顔の印象に与える力はとても大きいといえるのではないでしょうか。前髪が伸びたり短くなったりすると、直接影響するのは顔の広さです。顔の広さが少し違って見えるだけで随分とその人の印象が変わります。科の広さが違うと言う事は、そのほかの顔のパーツとのバランスが変わるからなんですね。一番解りやすいのは眉の位置です。眉が見えるか見えないか、と言う事で随分と変わってくる、と言う事を実際に経験したことがある人は多いのではないでしょうか。美容室で前髪の長さをオーダーする時にも眉を基準にオーダーしている人が多いと思います。「眉の上〇センチぐらい」とか「眉が隠れるぐらい」「眉にぎりぎりかかるぐらい」とか「眉が隠れる様に」などですね。溝の口の美容院