濡れた髪の毛は素早く乾かすことが大事

濡れた髪の毛は素早く乾かすことが大事

髪の毛が濡れてしまったら素早く乾かすことが美髪を保つ重要なポイントとなります。自然乾燥を好み、ドライヤーなどでは乾かさないといった人もいますが、髪の毛が濡れているということはそれだけで傷んでいってしまうことなのです。髪の毛の内部はコルティックスと呼ばれ、髪の毛全体の90%近くを占めています。コルティックスは髪の毛の質感、触り心地、色やツヤに影響を与えていて、コルティックスが傷んでしまうと美しさが失われてしまいます。そのコルティックスを守っているのが外側のキューティクルなのですが、髪の毛が水にぬれるとキューティクルが開いてしまいます。キューティクルが開いてしまうと内部がむき出しとなり、コルティックスに含まれている水分は蒸発、むき出しとなったタンパク質は傷つきやすくなってしまいます。濡れている時間が長ければ長いほどコルティックスが傷んでいくため、髪の毛が濡れた場合は素早く乾かさないといけないわけです。髪の毛は熱に弱いためドライヤーを避けてしまうという人もいますが、髪の毛が熱による影響を受け始めるのは70度前後といわれていて、それ以上の温度にならなけば傷むこともありません。ドライヤーを髪の毛に近づけすぎなければ70度を超えることもありませんので、距離を意識して使うようにするといいでしょう。入浴後に乾かすだけでなく、雨で髪の毛が濡れたりした場合も濡れた状態をそのままにしておくのではなく鹿kりと乾かすようにしていくと美しい髪の毛を維持することができますよ。ダイエットをするときの食事制限は、何も考えずにただ制限してしまうと栄養が偏ってしまいダイエットの失敗につながります。特に注意をしないといけない食事制限が糖質制限です。炭水化物を抑えることでダイエットをするという方法は現代では一般的になってきています。糖質を始めとする炭水化物全般は肥満の主要原因とされていますが、炭水化物を抑えることでかえって太ってしまったり病気になってしまうこともあります。糖質は体を動かすときの主なエネルギー源となり、脳を働かせるためにも糖質を欠かすことはできません。また日本人の体質を考えると炭水化物を抑えたダイエット方法はお勧めできません。昔から米を始めとする炭水化物を主食として食べてきた日本人は炭水化物が一番のエネルギー源です。炭水化物を減らした分のエネルギーは脂質とタンパク質から摂取しないといけないわけですが、タンパク質や脂質の量を増やし炭水化物を減らすと糖尿病のリスクも高まるといわれています。遺伝的な腸内環境から日本人は炭水化物の消化効率が高い人種です。炭水化物から必要な栄養やエネルギーを作り出し美容や健康にいい効果を得ているのです。そのため極端に炭水化物を制限してしまうと必要な栄養も作れなくなってしまいます。糖質制限によって痩せることができてもリバウンドしやすくなってしまうのは体質的な影響もあるようです。甘いものや加工された糖質は制限しないといけませんが、炭水化物の制限はダイエットにとっても健康にとってもマイナスにしかなりませんよ。北生駒でネイル