シリコンが悪者扱いされる理由

シリコンが悪者扱いされる理由

いつの頃からか「シリコンは髪の毛に良くない」と言う事が言われるようになってしまったのですが、どうしてその様に言われているのかはよくわかっていない人も多いと思います。シリコンが良くない、と言われるのはシリコンが髪の毛をコーティングして手触りを良くする働きをするのですが、髪の毛をコーティングしてしまうと毛穴まで塞いでしまって頭皮にたいして良くない影響を与えたり、毛穴の詰まりが新しく生えて来る髪の毛に良くない影響を与えるから、と言う事があるようなのですね。またシリコンが天然成分ではないために、環境にも優しくない、と言う事もあるようです。ですが髪の毛を美しく見せたい、と言う思いは誰にでもある訳で、そうするとどうしてもシリコンに頼らざるを得ない所も有ります。なぜなら完全に天然成分で出来ている様なヘアケア製品と言うのは、とても値段が高いですよね。普通に使用するにはとても敷居が高いものが殆どです。もしも毛穴の詰まりや髪の毛に対するコーティング力の強さが問題であるならば、きちんと洗い流す習慣をつける事でシリコン入りのヘアケア製品でも大丈夫かもしれませんね。ノンシリコンのヘアケア製品と言うのは、「悪いものが入っていない」と言う事がポイントとされていてシリコン入りのものよりも少し値段設定が高めです。要するにメーカー側の戦略であった可能性も否定できませんね。一時期「シリコンが髪の毛に良くない」という事が良く言われていて「ノンシリコンシャンプー」がとても流行りました。シリコンと言うのはそもそも何なのか?と言う事をあまり知らない人でも「ノンシリコンシャンプーの方が髪の毛に良い」と言う事は知っていたりするような状況でしたね。シリコンと言うのはそもそも髪の毛のコーティングをするための成分として使われています。ですからノンシリコンシャンプーを使うとその洗い上がりは通常のシリコン入りのシャンプーを使った時に比べてちょっとギシギシした感じ、手触りが良くない感じに仕上がります。シリコンの強力なコーティング効果が髪の毛には負担だ、と考えられるようになってノンシリコンが叫ばれるようになったのでしょう。ですがシャンプーの後にみなさんが使っているコンディショナーについてはどうでしょうか?コンディショナーとはそもそも髪の毛の手触りやツヤを良くするためのものですから、当然コーティング剤が入っています。シリコンが使われているものもたくさん有ります。ノンシリコンシャンプーが髪の毛に良いから、といってこだわっていても、コンディショナーをそのあとで使ってコーティングするのでは、意味が無いような気がしますね。単なる流行なのか、どういう使いかたが良いのか、難しいところですね。与野本町 美容室 カット パーマ ヘッドスパ メンズ 安い おすすめ ランキング