糖質が肌を老化させる

糖質が肌を老化させる

疲れたときや気分的にイライラしているときなど、どうしても甘いものが食べたくなることがあります。糖分は素早くエネルギーに変わりますし、ストレスを和らげてくれる働きもあるため、甘いのを適度に摂取していくことは健康や美容にも必要なことです。しかし糖分の取りすぎは老化を早めることになることに注意しないといけません。タンパク質に糖が結びつくことを糖化反応と呼びます。糖化反応を起こすと茶色く変色し硬くなることが特徴の一つですが、この糖化反応は人間の体でも起こっています。肌の主成分は水分を除くと70%近くがタンパク質といわれていますが、そのタンパク質に糖が結びついて糖化してしまうことがあります。肌の色は茶色くなっていき、肌も硬くなっていきます。肌のくすみが気になるようになっていき、弾力の失われた硬い肌になっていくことで老化した状態となってしまいます。最近では肌の老化の原因の一つとして酸化よりも糖化のほうが危険といわれていて、糖質の取りすぎは確実に肌を衰えさせていってしまいます。糖質は少しずつ摂取していくということならそれほど問題はありません。気を付けないといけないことは一度に大量に糖分を摂取してしまうことです。ケーキやアイスクリームを食べることが日課となっている人は特に肌の糖化に注意しましょう。糖化したタンパク質は元に戻らないため、糖化によってもたらされた老化はエイジングケアをしても簡単には改善できなくなりますよ。男性はどうしても女性に対して若さを求めてしまいます。女性からしたら年齢を気にせずに好きになってほしいというのが本音かもしれませんが、男性に好かれようと思うなら少しでも若さをアピールできるようにすることが大事になります。実年齢がそれなりに高くなっていても見た目の年齢が若く見えるならそれは男性にとって非常に魅力的な存在となります。そして男性が最も若さを判断するときに注目するのは肌の状態なのです。肌のハリ、ツヤ、シワ、シミといった状態で若いかどうか判断しているといわれています。女性にしてみればメイクで隠せるポイントと思うかもしれませんが、メイクで隠そうとするとどうしても濃くなってしまいます。恋メイクは老けて見られてしまうポイントとなるため、できるだけすっぴんの状態を活かしたナチュラルメイクが男性には人気があるわけです。メイクだけでは隠すことができない肌の老化を男性は常に見ているため、メイクでごまかせるとは考えないで、素肌でも勝負できるくらい肌の若さを保つようにしましょう。肌の若さを保つうえで重要になるのが水分です。乾燥した肌は老化の象徴となりますので、肌の水分を保って若い肌を維持していくようにしましょう。若いときには水分を守ってくれていた皮脂の量が少なくなり、肌からも水分が少なくなっていきます。皮脂量を保っていきつつ、肌のつい分が失われて行かないようにコラーゲンの素となるタンパク質をしっかりと摂取していくようにしてください。中目黒にある美容院